アロマと体と自然体の自分

心理学とフィトテラピー、日常での使い方あれこれ

仕事をしたい、使命を知りたいときは、まずは己でいること

【仕事をしたい、使命を知りたいときは、まずは己でいること】

先週から、オーセンティシティ、オーセンティシティ、と呪文を唱えていますが、おセンティック、違った、オーセンティック(Authentic, Authenticity)とは、自分本来の姿、本質的な姿で日々を暮らしている状態、という意味で使っています。

個人事業主となるにあたり、また、会社員や特定グループに属する場合でも、業務&任務を遂行するにあたり大事なこと、効率のいい方法は、自分の「得手」、「周囲よりもできるもの」、「なんだか率先してやっちゃうこと」を動きの中心に置くことです。そして、不得手、時間のかかるもの(こだわりで時間かかるものはOK、でも時間を減らす努力必要ね)、だーーームリッ!となるものは、物々交換をしてでも「得手」の他者に委ねたい。

となると、オーセンティシティ(本質、自然な自分、真の姿?!)な状態で暮らしていることが土台となります。

私、30代前半に、この本質を封印することを決めて、別人・ロボットのように生きていました。与えられた業務を的確に、たんたんとこなすだけ。できないと自己嫌悪に陥り、さらに的確さに磨きをかけていく。で、言われた一言が「目がこわいです」。(←ま、これも本質の一部なんですけどね。)

もう、がびーん、です。その後に心を癒して、そしてオーセンティシティファシリテータの勉強(勉強というか、心理ワーク)をしてきたら、私らしい仕事が少しずつ頂けるようになりました。自分自身を何者かに変えるのをやめたんですね。自分らしさを取り戻したら、お仕事もお友達も、つながりが濃密で、気分的に楽なものに囲まれ始めています。

8月24日に、初めてファシリテート(場を整え、サポートする係)します。応援、関心、参加をいただけましたら、うれしいです。

『authenticity Life Long Method』 4h [ ほんしつ ] 体験


(また、同じ講座を7/17(日)と8/28(日)に、師である伊東先生によって開催されます。本講座に興味あるかたは、こちらをお勧めします→詳細はこちら