アロマと体と自然体の自分

心理学とフィトテラピー、日常での使い方あれこれ

2017年10月から、アロマ活動を再開しますね

ことしは、大きな分岐点。

ことしの秋の活動が、今後しばらくの自分の中心軸へとなっていきます。

実は、今年の冥王星逆行が始まった4月末に、
高野山へ行っていました。
その時に、ここ最近はやっていた「宇宙」の探査は終り、
今目の前にある「三次元」の現実をしっかり生きよう。
と思ったのでした。

そして、次々と、「現実的」と言われる事象が起きました。
(思いではない、システマチックな集客や集金を必要とする仕事に関わって今した。)
自分の波動が安定していれば、ここの場が変わるかも知れない、
という考えにも、日に日になっていきました。

先週(9月29日)、冥王星逆行が終わると同時に、
ふいに目が覚めたような、ふと
「これ自分じゃない。自分に戻ろう」
と思ったのでした☆




アロマは、植物のエネルギーの一部であり、
「香り」という最もわかりやすいエネルギー。

そして、森林に入って自然の香りを、しっかり感じること。

そこのところを、じっくり味わうことで、
宇宙と地球と自分とを重ね合わさった感覚を感じてほしい。

その願いをかなえるために、今生は、根性でもって生まれてきました。

9月の末週に、ばたばたとそれを思い出させてくれるような
出来事や人とのつながりができていきましたので、
日程・場所を調整しまして、

アロマを通じて感じる宇宙観をお届けできたら、と考えています。

ま、つまりは、
いい香りを楽しめる場をつくるよ~~~
ということです。

よろしくお願いしますヽ(^o^)丿