アロマと体と自然体の自分

アロマテラピーから自然体になるまで

星占い→アロマ→ヒーリング②


続き。

といっても、いったん2010年より前の話に戻ります。

 

アロマを習ってすぐの頃(2007年ごろ)、

ヒーリングなんて”まやかし”と思っていました。

でも、キーワードとして、前世、過去世は面白そう!と、気になっていて。
というのも輪廻転生を、うっすら信じてたから。
はて、前世は何だったんだろう?という好奇心です。

星詠み師のSayaさんと、ヒプノセラピストとして経験の長い大槻麻衣子先生と
コラボワークショップを開催すると知って参加しました。

 

ちなみに、ヒプノセラピーとは、「催眠療法」という日本語になります。
実は精神科などの領域で、ちゃんとした一つの療法として確立されているものなんですね。
ヒプノセラピー界の第一人者であり、
精神医学博士のブライアン・ワイス博士(米国の医学博士)が、
過去世をも見ていくことができることを、クライアントさんのカウンセリング中に気が付き、一つの療法として確立していったものが、前世療法(ヒプノセラピー)です。

前世や過去世(魂は、何度も肉体を変えて生まれ変わる、と言われています)で、
やりたかったことへの思い残しがあると、再度チャレンジしに生まれ直すのですが、
その思い残しを整理して、今生で何をするか明らかになるというもの。

ワイス博士の愛弟子にして、すでに15年ヒプノセラピーで開業されている、
大槻麻衣子先生にも会えるとなれば、信頼度も高く、迷うことなく参加しました。

当日は体験型ワークショップなので、
瞑想や、軽いヒプノセラピーの体験をして、
星と、過去世など関係あるところの話や、二人が出会ったシンクロニシティ
いろいろなお話を聞きました。

ここへの参加がきっかけとなり、セドナのヒーラーさんに出会ったり、
ヒーリングの世界がとても身近なものになっていったのでした。
(その翌年に、「目が怖いから、何かしたら?」と言われる話に繋がっていきます)


続く