アロマと体と自然体の自分

アロマテラピーから自然体になるまで

虫よけに、ドクダミを。

ドクダミ、お家のお庭にワサワサと生えていたりしませんか?

ドクダミは、実は”十薬”とも呼ばれるほど、薬効成分の多い薬草。


この花が咲いている季節は、花を咲かすエネルギーで、
生命力満タンなので、少し自然から分けてもらうとよいでしょう。

 

ドクダミチンキは、アルコールに付け込んだドクダミのエキスの事。

このチンキは、美肌水(化粧水代わり)にも、虫よけスプレーにも使えます。

[作り方]
ドクダミを、摘む。(茎と葉っぱと花。根っこはなくてもいいけれど、使いたい場合は別の容器で漬け込みましょう。)

②茎と葉っぱ、花(花はなくても良い)を、半日ほど乾燥させる。

③容器を用意する。お勧めは、200~500mlの間のハチミツの瓶やジャムの瓶。
 蓋が、しっかり閉まるものが良い。

④瓶に、ドクダミを満タンに入れて、その上からアルコールを注ぐ。
 お勧めは、35度以上のウォッカ、または焼酎。

⑤2週間~2か月ほど、蓋をして漬ける。時々、上下に軽く振って混ぜる。
 ※時間の差は、エキスの濃さを見て、好きなところでストップ。
  2か月以上つけっぱなしでも問題ないが、初心者には濃くて使いにくいかも。

⑥できたら、エキスを茶こしを通してろ過する。(葉っぱなどを取り除き、液体だけにする)ろ過した液体を再び、瓶で保存する。


[エキスの使い方]
①虫よけスプレー:エキス30ml + 精製水60~70ml (好みで精油で香り付け)

②美肌水:エキス10ml + 精製水 40ml お好みでホホバオイルか、グリセリンを10ml程度入れると、保湿効果が上がりますが、なくても大丈夫。


ドクダミは、肌を整えるだけでなく、老廃物を流していきますので、メラニンすらも流していきそうな勢い。美しい肌になれるかもしれませんよ!

わたしは、化粧水代わりにローズゼラニウム水を使っているのですが、この夏はドクダミ水を試してみようと思います。